Honey Girlの悪夢 act 23

読者の皆様
いつも読んでくださってありがとうございます☆

続きを読まれる方は
ぜひ、コチラからどうぞ
↓↓↓↓↓↓↓↓


予定は、狂いっぱなしだった。
そもそも、神楽に見つかる予定じゃなかった。
なのに見つかった。
そもそも、長居する予定じゃなかった。
なのに、気が付けば、神楽の手料理を味わっていた。

マズイ思いに駆られながらも、沖田は、胸が高く早く動いているのを感じていた。
けれど、そんな思いに駆られる一方で、そんな自分を腹立たしく思う自分も居た。

まだ、何も解決していない……。



二人分の食器を洗い終わった神楽は、キュッと蛇口をしめた。

その神楽が、振り向いた時には、今度こそ、沖田は靴を履こうとしていた。
思わず口を開けた神楽だったが、もう止める手段がない。
開いた口をきゅっと噤み、そんな沖田を無言で見ていた。

「じゃ、帰りまさァ。俺が出てった後は、すぐに鍵を閉めろィ。分かったな」

沖田の言葉に、神楽は頷くしかなかった。
簡単にドアを開けられ、簡単にパタンと閉められてしまった。
扉一枚隔てた二人の間に、一気に焦燥感が襲った。

そして、やっと帰ると思いきや、沖田はすぐに神楽のドアが見える位置で、身を潜めた。

ちらりと時計を見てみれば、もうすでに、9時近い。
けれど、沖田は其処を動かなかったし、動くつもりも無かった。
神楽の家の明かりを、沖田はじっと見つめた。
古い建物ゆえ、中の物音が、簡単に外へと漏れている。
勢いよく、水の出る音が聞こえてきたので、どうやら風呂かと沖田は思った。


今の神楽が、一体どんな状態かが、沖田には分からない。
何を考え、何を思い、どの神楽かも分からない。
それでも沖田は、明日の朝まで、こうして神楽の家の前で、一睡もする事なく、見守るつもりで居た。

なぜなら、神楽をあんな目に合わしたアイツ等が、神楽の家を知らないとは限らないからだった。

もう、遅かった、何て、二度と思いたくない。
だからこそ、沖田は、ただただ、じっと、神楽の家を見つめていた。

刹那、神楽の家の中で、大きな音が、ドタバタと響いた。
反射的に沖田は、神経を鋭くさせた。
すると、先ほど鍵を閉めたのにも関わらず、内側から、ガチャガチャとあける音が聞こえた。
沖田は、暗闇の中に姿を現した。
それと、同時、勢いよく、神楽が飛び出した。

「チャイナっ!!」

気が付いた時には、叫んでいた。
息をヒュっと吸い込んだ神楽は、反射的に、その方へと振り返った。
神楽の表情は、暗くてよく見えない。
けれど、自分の方へと、駆けてくるのは分かった。
一応、身構えた沖田だったけれど、予想以上に、神楽は、勢いよく沖田へと抱きついてきた。
きゅっと力を加え、自分の背に回された小さな手。

言葉を失った沖田に、儚い神楽の声が、届いた。

「側に居てっ……。側に……居てヨ……。分からないけど、夜、眠るのがっ……目を閉じるのが…………怖くて、怖くて……たまらないアルっ。私、おかしいアルっ」

涙まじりの声。
思うより先に、神楽の華奢な体を、沖田は抱き締めていた。

「沖田……沖田ぁっ……」
「俺が……ついていてやるっ……。もうあんな目っ……」
言ったところで、きっと神楽には、なんの事だか分からない。
それでも、言わずにはいられなかった。
それ位、沖田の気持ちは、溢れていた……。







・・・・To Be Continued・・・・・
Category: ★Honey Girlの悪夢
Published on: Thu,  14 2011 15:26
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

2 Comments

真奈美  

早く神楽があの恐ろしい
魔の手から解放されたらいいのに・・・

2011/04/14 (Thu) 22:15 | EDIT | REPLY |   
ツンデレ→真奈美ちゃんへ">

ツンデレ→真奈美ちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→真奈美ちゃんへ">

徐々に、物語が最終章へと向っている中、
どうやって転がっていくのかと、私も楽しみにしています。

にしても、ココらへんの沖神は、
現実とかけ離れている様に甘いです。
だからこそ、のちに、再び現実が戻ってくる時に辛くなるのですが、
沖田が全てを知った以上、それを絶対に許さないはずであって……。

創作者である私も、私の中の二人がどのように動くか
とても楽しみにしています ^^

2011/04/30 (Sat) 18:10 | ツンデレ→真奈美ちゃんへさん">REPLY |   

Post a comment