Sweet selfishness ~甘い我侭~ act 43

読者の皆様
いつも読んでくださってありがとうございます☆

続きを読まれる方は
ぜひ、コチラからどうぞ
(えんぴつマークの英語のところです)
↓↓↓↓↓↓↓↓


「どうしよう……このままじゃ沖田に嫌われちゃうアル」
タンスの中から出しまくった洋服を自分に重ねては、神楽はためいきばかりついていた。
神楽の視線の先には、もうすぐ6ヶ月となる大きなお腹がでっぷりと存在感を示している。

「何言ってるの。沖田さんの赤ちゃんがお腹の中ですくすくと育っているんだから、大きくなるのは当たり前じゃないの。そんな事でぐちぐちと言う男じゃない事くらい、神楽ちゃんも分かってるでしょ?」
お妙は、テーブルの上にジュースを置きながら言った。
そのお妙の言葉に、また子も、そして一緒にいたミツバも頷いた。

神楽がこんな事をいいだしたもの、あの日帰り旅行の一件からだった。
沖田と、得体も知れない女が風呂場で何があったのか、神楽はどうしても気になっていた。
気になりすぎて、病みそうになっていた。

沖田が浮気をしない事くらい、自分でもちゃんと分かっているつもりだったけれど、
日に日に大きくなっていくお腹を見ていると、どうしても沖田の前で自身を晒すのを躊躇うようになってしまった。

おかげで沖田は近頃禁欲中であった。

そんな雰囲気になりつつも、それを全部神楽が拒んでいたからだった。

無理強いしたくないと沖田も強くは言わなかったけれど、コツコツと不満は溜まっていた。
勿論、沖田は神楽が悩んでいる事などしらない。
赤ん坊の事を考えてとの事だと思っているからこそ、沖田は我慢に我慢を重ねていた。

「だって、何かこの体……格好悪いアル」
「神楽ちゃん!」
ポロリと出てしまった神楽の本音に、ついお妙は声を荒げてしまった。
しゅんとなりつつも神楽は口を尖らし、拗ねた様に俯いた。

「そんな風に神楽ちゃんが気にする様な事、沖田さんが何か言ったんスか?」
また子の言葉に、神楽は首を振った。
「別になにも……ただ、こんな体になっちゃって、沖田が幻滅しないか不安なだけアル」
神楽の言葉を聞いたミツバが、そっと神楽の手に重ねた。
「神楽ちゃん。総ちゃんはね、神楽ちゃんが大好きなのよ。分かる? 神楽ちゃんが好きなの」
いまいち言っている意味が分からないと神楽は首をかしげた。
ミツバはふわりと笑い、よしよしと神楽の頭を撫でた。

「細いから好きとか、そんなじゃないのよ。きっと。神楽ちゃんが好きなんだから」
ミツバはそっと神楽の大きくせり出て来たお腹を撫でた。
「神楽ちゃんと総ちゃんの子がお腹の中に入ってるのよ? 可愛くないわけがないでしょ?」
「そうッスよ! 大体沖田さん、神楽ちゃんに飽きてる事なんて全然ないッス! だからあの時も――――」
言いかけると、まずったとばかりにまた子は自身の口をふさいだ……。



ほんの二、三日前のこと。
事務所の隅の部屋で、近頃忙しい日が続いていた沖田が仮眠を取っていた。
丁度買い物に行っていた神楽が一人事務所へと帰ってくると、皆が出払っている事に気付いた。
部屋には誰もいないのかと覗いてみると、沖田が仮眠している事に気付き、思わず近寄った。

さらさらの茶色の髪の毛。長いまつげ、呼吸する唇。

沖田がシたくなるといけないからと近頃は触れる事も避けていた神楽だったが、急に恋しくなってしまった。

近頃沖田が忙しくなっているのも、神楽との禁欲を断ち切るものだと言う事も知っていた。
神楽だって、そういう事をしたくないわけじゃない。

いつだって沖田に触れてほしかった。
自分だけに優しい指先も、その温度も今も変わらず好きのまま。だからこそ恐かった。
出っ張った腹に、黒っぽくなり大きくなった乳首。
けっして可愛らしいなんて呼べるものじゃない。

気が付くと、神楽は沖田を無言のまま見下ろしていた。

すると下からスっと手が伸びてきたかと思えば、ゆっくりと引かれた。あくまでもゆっくりと。
それは沖田が起きていると言う証拠で、自分の体を労わってくれている証拠でもあった。
沖田は神楽の首に腕をやり、そっと自分の唇に触れさせた。

しばらく触れてなかった沖田の皮膚に、体に電気が走るほど震えた。

沖田は瞳を閉じたまま、神楽にもう一度触れた。
柔らかく、くっつけるかくっつけないかの距離で、何度も、何度も口をつけた。
しばらくすると、割った口から舌をからませてきた。

あっと思った瞬間には、自分が下になり、押し倒される形となっていた。

開かれた沖田の緋色の瞳は、自分を欲しがっているとすぐに分かった。

しかしここは事務所の中。
神楽は声をあげ、止め様とした。しかしその口もすぐに沖田に塞がれてしまった。
荒々しいほどの沖田の口付けは、彼に完全に火をつけた様だった。

嫌なわけじゃない。けれど嫌だった神楽は、相手が沖田であるにもかかわらず、本気で抵抗した。

妊娠してから、全くそういった行為をしてなかったわけじゃない。
気をつけながらも、優しく触れながらも、そうやってお互いの思いを感じていた。
なのにいきなり何故? 安定期だってすぎている。医者に禁止されてるわけでもない。

沖田が納得できるはずもなかった。
少々本気になった沖田は、力づくで神楽を押さえつけていた。
無遠慮に捲られた服の中から、晒された下着。
口をふさがれながらも、神楽は嫌だと言い続けた。それでも沖田はやめようとはしなかった。
むしろ意地になる様に、神楽のスカートの中へと手を入れた。

「沖田!!!」

叫ばれた神楽の声。ハッとした沖田の視線に映ったのは、真っ青になって全身で息をする神楽の姿と、今しがた買い物を終え、休憩しようと部屋に入ってきたまた子と高杉の姿だった。


・・・・To Be Continued・・・・・
Category: ★゚・*:.Sweet selfishness ~甘い我侭~.:*・゚
Published on: Sun,  28 2011 10:29
  • Comment: 12
  • Trackback: 0

12 Comments

きょん  

ぐあわ
沖田さんが可哀想、かも
でもきっとまた可愛くて愛しくて、しょうがないなあって神楽ちゃんを甘やかしちゃうんだと思います…。
沖田さん萌げえええ←不協和音
思い悩んじゃう神楽も可愛い…。
銀さんの子供!?みたいな回でさっちゃんが、「母になった瞬間から女として見てもらえなくなるのよ!」みたいに言ってたじゃないですか。
そう言う風に考えちゃって…
萌げええええ(笑)
次回も楽しみにしてます。


あと、この間お伝えした私のサイトです…
http://lyze.jp/chinoinemuri/
是非とも一度ご覧ください

2011/08/28 (Sun) 17:23 | REPLY |   

つむぎ  

神楽ちゃんは、お腹が大きくなったことなどの体の変化にコンプレックスがあって、
沖田さんの欲に、ほんとは嬉しいのに、こたえたいのに、 こたえたいたくない。

沖田さんが好きで好きでたまらないのに…

でも、そんな神楽ちゃんの悩みなんか全く気にしてないような…
そんなところが、沖田さんの優しさであり、欲なんだと思います。

こんな文章ですみません…
内容とあってるでしょうか?

2011/08/28 (Sun) 19:07 | REPLY |   

つむぎ  

神楽ちゃんは、お腹が大きくなったことなどの体の変化にコンプレックスがあって、
沖田さんの欲に、ほんとは嬉しいのに、こたえたいのに、 こたえたいたくない。

沖田さんが好きで好きでたまらないのに…

でも、そんな神楽ちゃんの悩みなんか全く気にしてないような…
そんなところが、沖田さんの優しさであり、欲なんだと思います。

こんな文章ですみません…
内容とあってるでしょうか?

2011/08/28 (Sun) 19:09 | REPLY |   

つむぎ  

うわぁごめんなさい(:_;)
間違えて二回投稿してしまいました…

2011/08/28 (Sun) 23:15 | REPLY |   

ゆー  

あぁすごい見いっちゃいました。。

沖田さんが神楽のために我慢してる姿とか想像しただけでなんか嬉しいです。

そんなに思いつめることないのに神楽、、十分可愛いのになあ、、沖田さんとラブラブしてればいいのに。でもそんな神楽もかわいい❤

高またが入ってきてどうなるんだろう?次回も楽しみにしています更新ありがとうございました!

2011/08/29 (Mon) 14:42 | REPLY |   
ツンデレ→きょんちゃんへ">

ツンデレ→きょんちゃんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→きょんちゃんへ">

きょんちゃん、サイト見たヨ~~~!!!
凄いね!

実は私も歌詞を考えてみようと思ってやってみた事があるんだけれど
限られた文字数の中で表現する難しさに挫折してしまいました。

それに比べてきょんちゃんは凄いね!

見てるだけでは、その難しさが分からなかったけれど
やってみてそれに気付いた。

もともと、そういうのがきょんちゃんには向いてるのかもしれないね^^
コメントでも、表現をうまくつかってるな~って思う事が沢山あるもの★

でも、何はともあれ、まずは自分が楽しめることだと思うんだよ。
だから私も楽しんで創作してます ★ きょんちゃんも楽しめてるといいなぁ。
これからも、こそこそと遊びに行きますね !!
教えてくれてありがとう ★

そして、……かわいそうな沖田さんの次回をお楽しみにしてください ww

2011/08/29 (Mon) 15:27 | ツンデレ→きょんちゃんへさん">REPLY |   
ツンデレ→つむぎさんへ">

ツンデレ→つむぎさんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→つむぎさんへ">

つ、つむぎさん……www

思わず笑っちゃいました。

コメントどうもありがとう!
間違えて二度投稿してしまった後の謝罪の文面。
もう一人で可愛いなぁ、なんて思いながら笑っちゃいました^^

えと……。
さておき、そうですね。
神楽は体のコンプレックスが凄まじいようです。
なんせ体験したことがない事ですからね。
お腹は大きくなってしまって、乳りんは赤ちゃんが産まれるために変化していって……。

恥ずかしくてたまらないようです。

可愛いですよね。
沖田に嫌われたくない、綺麗でいたいと思うがゆえにおこる気持ちのあらわれなんですから。
しかし、まぁ沖田がかわいそうだ……ww

早くなんとかしてやりたいものですw

2011/08/29 (Mon) 15:34 | ツンデレ→つむぎさんへさん">REPLY |   
ツンデレ→ゆーさんへ">

ツンデレ→ゆーさんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→ゆーさんへ">

高また入ってきちゃいましたねww

多分、休憩ついでに買い物にいってたんでしょう。
えぇ、勿論言い出したのは、また子です。

「ね、買い物に行くッス!」
なんて言ったに違いありません。
そしたらきっと、「面倒くせぇ」なんて高杉がいったに違いありません。

でもなんだかんだいって、また子も我侭なんで、駄々をこねて
なんだかんだいって、高杉も甘くて、、、、。

高杉が席を立って、事務所の入り口に向かいながら、きっとこう言うんです。
「面倒くせぇ奴」
なんて、でも、きっとその顔は笑ってるんです^^

そしたら、ちょっと拗ねてたまた子は、きっと高杉の腕に絡みつきながらこう言うんです。
「大好きッス!!」
ってね ^^

2011/08/29 (Mon) 15:39 | ツンデレ→ゆーさんへさん">REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/08/30 (Tue) 17:57 | REPLY |   
ツンデレ→くろはさんへ">

ツンデレ→くろはさんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→くろはさんへ">

こんにちは。

くろはさんのお言葉、確かにそうだなと思いました。
私も死ネタは、絶対に読む事ができません。

冒頭に記載しておきます。

気付かせてもらい、ありがとうございました。

またふらりと立ち寄った時にでもメッセージを受け取ってもらえれば
嬉しい限りです。

2011/08/30 (Tue) 18:55 | ツンデレ→くろはさんへさん">REPLY |   

みー  

わああああ(><)妊婦さんならではの悩みがあるんですね、妊婦さんの気持ちはまだ分からないけど、女の子としてはなんだかすごく気持ちが分かりました(;;)そしてまた気になるところで次回へ!高杉!!ドキドキお待ちしております///

2011/08/30 (Tue) 20:17 | REPLY |   
ツンデレ→みーさんへ">

ツンデレ→みーさんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→みーさんへ">

実は、見るのを土方にするかどうか迷ったんですよね。

でもきっと土方は、おわっ!! とか言いながら、すぐにドアを閉めてしまい
何事もなかったかのように振舞われるのではないかと思い
沖田と同じようにポーカーフェイスの上手い高杉に致しました ^^

次回は沖田側からの話を作っていこうかと
今のところ考え中です !!!

お楽しみにィィ ★☆

2011/08/30 (Tue) 21:15 | ツンデレ→みーさんへさん">REPLY |   

Post a comment