Sweet selfishness ~甘い我侭~ act 49

読者の皆様
いつも読んでくださってありがとうございます☆

続きを読まれる方は
ぜひ、コチラからどうぞ
(えんぴつマークの英語のところです)
↓↓↓↓↓↓↓↓ ピピピピピ……ピピピピピピ…………。

ほんの微かに、鳴り始めたその音に反応した男の体は、大きなベットの中で、もぞりと動いた。
まだ意識を覚醒していないらしく、片手をだし、その鳴る方へと手を伸ばす。
まもなく届いた手は、その一番上を押した。

ピッ――――――。

音が止まった事に安心したのか、男は再び布団の中へと手を戻し、静かに寝息を立てだした。








「――――――じゃねえよ――――――っ!!」



軽快につっこみを入れた沖田は、そのまま勢いよく起き上がった。

そのまま、寝室を飛び出すと、リビングへと。
その手は既に着替えを済まそうとして服へ。

すんなりとそれが出来たのは、昨夜から一人の彼女の為にと色々と準備を終えていたため。
仕事のスーツではなく、この日の為にと思って買った服を着て。
時計を確認してみる。さすがにまだまだ時間はあるようだった。

朝食は、彼女である神楽と一緒にとる予定である。

それもこれも、今日と言う日は、自身にとっても、また神楽にとっても、特別な日になる予定だからだ。
でも、まだそれは彼女には秘密である。あくまでこれは、神楽に贈る、最高のサプライズだ。


沖田がこんな事を考えたのも、先日の高杉とまた子の一件を目のあたりにしたため。だから、間違っても失敗なんてできるはずもなく。
着替えを済ませ、そのまま洗面所へと行くと、しばらく時間を費やし、また寝室へと戻ってきた。

ベットの横にある、棚に、小さく、でも大きく主張する小さな箱をとった。

ゆっくりと、それを開けて見る。
そこには、神楽の細い指に似合いそうな、小さな小さな、光り輝く、結婚指輪があった。

今日は、これを渡し、彼女の指へとはめ、大事な言葉を贈る日だ。

神楽は、もう起きているだろうか? 昨夜、散々寝坊するなよとクギをさしたのはいいけれど、あの彼女の事だと不安もあって。
神楽は、喜んでくれるだろうか? 自身の言葉に、YESと返事をしてくれるだろうか?
思いながら、沖田はそれを閉じた。











ピロリロリン……ピロリロリン……ピロリロリン――――――。





やわらかな音色が、彼女の枕元で響き渡る。それを夢見心地で聞いているのは、神楽だ。
その様子に、まったく起きると見られることはなく。
手元には、遅くまで沖田と、話していた携帯電話が。

静かに寝息をたてる神楽の枕元で、その役割をはたしたかの様に、目覚まし時計がとまった。

そんな事をしるよしもない彼女は、ただただ、夢の中へと居て……。







ピクリ――――ッ。
神楽の体が、何かに反応した様に動いた。
けれどまだまだ彼女は夢の中、そしてそれを上から見ながら、更に、その手を中へとしのばせる。

ヒクッ。
自身の体がその手に反応したのに、やっと気づいた神楽は、ゆっくりと瞼を開けた。
「ひゃっ、おおおお沖田 !!!」



信じられないと言うべきか、信じたくないと言うべきか、神楽のベットの枕元、そこには確かに、昨日迎えに来るから用意しとけと言われた沖田の姿があった。

「いい眺めですぜ? 神楽さんよ?」
皮肉交じりに沖田に、言われたのは確かに納得がいくべきで。なんせ昨夜暑いからと、Tシャツ一枚で寝たのだから。
沖田の掌は、今まさに自身の柔らかな胸の上にやんわりと置かれていて。
それを、ゆっくりと動かした。

「朝っぱらから誘ってくるなんざ、さすがですぜ?」
「わっ……な、何するアル――――――っ」
恥ずかしそうに神楽は体をくねらせる。しかし沖田の掌は、まるで仕返しとばかりに、その神楽の敏感な場所をひっかいた。
「やっ、ヤメロォっ――――――」 
恥ずかしそうにはしているものの、その神楽の先端は、おもしろい様に敏感で……。
「はぅ……」
恥ずかしいと唇をかみ締める。やめてと沖田の手を退かそうとする。が、その手には、まったく力が入っておらず。

仕返しとばかりに、やりはじめたのは沖田の方だったのに、神楽の口から発せられる甘い吐息と、表情、感触に、早くも没頭しそうになってしまう。
沖田から与えられる甘い感触に、もう既に神楽は落ちている。半開きになっているその唇の間に、沖田がゆっくりと重ねると、神楽の熱が口内に絡みついた。




卑猥な音と共に、お互いの熱は、こんなにも短時間だというのに、あがってしまった。

沖田の掌は、神楽の大きくなった胸を、やわらかく揉みしだく。それにともなって、与えられる官能に神楽は酔ってしまい。ピンと張りつめた先端は、沖田の指に絡み、すいつく。
神楽の息は、これでもかと甘い。これもそれも、しばらく二人して、おわずけ状態でいた為だった。

だから神楽はこんな朝っぱらかと思うのに、沖田の指先に純粋に感じていたのだった。
沖田の耳に、おしげもなく神楽の官能まじりの甘い声が響き渡る。




が、今日は、沖田にとって、大切な日である。

ゆっくりと、その手を止めた。
神楽の表情は、とろけきっている。仕掛けたのは自分の方だから、後悔は山ほど。けれど今日は譲れないものがある。

だから沖田は、神楽のおでこにちゅっと唇を落とすと、早く着替えろと、その部屋を後にしたのだった。



・・・・To Be Continued・・・・・
Category: ★゚・*:.Sweet selfishness ~甘い我侭~.:*・゚
Published on: Fri,  19 2013 07:54
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment