彼氏  act33

読者の皆様
いつも読んでくださってありがとうございます☆

続きを読まれる方は
ぜひ、コチラからどうぞ
↓↓↓↓↓↓↓↓
「沖田さん、この雷、ちょっとヤバくありません?」
叩きつける雨に全身を、ずぶ濡れにされてしまったお妙は、走り続ける沖田に、そう声をかけた。

お妙がそう言うのも、納得ができる。
頭上から、光るその雷は、今にも自分達へと落ちてきそうだったのだから。

しかし、沖田がその足を止める事はなかった。
自分達に雷が落ちそうだと言うのなら、それは神楽にも言える事だと。

けれど、その轟音は、さっきから増すばかりである。

ピカっと光るその音に、たまらずお妙とミツバは、キャッと声をあげた。
それを見た沖田は、ゆっくりと足を止める。

バチバチと、その雨は、頭に叩きつけてくる。服も、カバンも、びしょ濡れになってしまった。

けれど、今更、引き返すことなんてできるはずもない。
お妙達の、びしょ濡れになった姿が沖田の瞼に映る。






「分かりやした。どこかで雨宿りしやしょう」

神楽の事が心配なのは、沖田だけではない。お妙だって、ミツバだって、皆心配している。
でも、この頭上から鳴り響く轟音は、お妙達に、何か、危険な信号を送っていた。

「ここを、もう少し行った所、そこに確か古いアパートがあったと思うの」

お妙の記憶に、沖田は頷いた。

だからそこまで行きましょう。そう皆で雨足がつよくなる中、地を蹴った。










キュッ――――――。


足元から聞こえた、自分達の靴の音に、神楽達は、口を塞いだ。

聞こえた……だろうか?




二つの眼は、ただただ前にと向けられている。
神楽はまだ、震えたままだ。
(あいつ……あいつは……っ)


神楽とまた子の視線の先に居る人物、そして神楽を交互に見る。
一体どうしたと言うのだろう。また子には、神楽がこうなっている理由が見当たらない。
ただ、声を出しちゃいけない状況なのは分かる。

だから、静かに喉だけ鳴らした。

静かにさえしていれば、そこからここは、分からない。
じっと、また子は声を飲んだ。

ここは暗闇も同じ……だから――――――。



ヒッと神楽とまた子の喉がなった。
切れ長で細い視線が、まるでここが分かっているかの様に、こちら側へと向いたのだった。





・・・・To Be Continued・・・・・





Category: ★彼氏
Published on: Thu,  25 2013 10:47
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment