school excursion act 30

読者の皆様
いつも読んでくださってありがとうございます☆

続きを読まれる方は
ぜひ、コチラからどうぞ
↓↓↓↓↓↓↓↓ 沖田の掌に、やんわりと繋がれながらも、その場所へといくと、神楽はわっと息を飲みこんだ。

それはまだ高校生の神楽が見ても分かる、自分たちには手が届かない様な一品だと。

「うわぁ……綺麗アルな」

女心をくすぐる様で、でも上品で。
朱色を軸としたその振袖は、神楽の心を魅了する。

それに心奪われる神楽の肩に、トントンと、沖田の手がのった。
「あれ、見てみろよ」
なんだろう? 沖田の言葉に神楽は促されるまま、指差す方を見てみた。

「わ、何あれ! 凄く綺麗アル」
神楽がそう言うのも納得できた。なぜなら、その視線の先には、目の前にある振袖には到底かなわないものの、彼女の心を掴むには十分と言える振袖を着ている女性が居たのだ。

おまけにメイクまでその顔には施されていて、とても綺麗だった。
さらに沖田の手は、神楽の肩を、もう一度叩いた。
彼の指差す方へと視線をやると、どうやら、今日はその店で、先ほどの女性のように、店内にある衣装を、着ることができるらしい。

「あっ……沖田どこに行くアル?」
自分を置いてきぼりにして、沖田の背は、店内へと入っていく。
その後を、神楽はついていく。まもなく見えたのは、女性店員の背中。それを見つけた沖田は、神楽をさしだした。
キョトンと見る店員に、神楽はあわてた。

「わわっ……。ごめんなさいアル」
助けを求めようと後ろを振り返ってみたけれど、そこには既に沖田の姿はなく。
彼の目は、数多くあるその中から、神楽に似合うものをと探していて。

女性店員は、神楽をみると、ふわりと笑った。

「可愛らしい、お客様ね」
そう言った表情は、少しミツバに似ている。

その後、店員は、沖田の方へと視線をうつした。そして、再び神楽の方へと視線を戻した。

「あなたに、ぴったりの物があるのよ。今日入った新作なの」

試してみて?
そう彼女は、神楽の前にと手をさしだした。
さっき、自分の視界の中へと入った女性の姿が浮かぶ。

あんな風に、自分も綺麗になれるだろうか?
思わず神楽はそんな事を思ってしまった。沖田の方をみてみたけれど、彼はまだまだそこに夢中らしく。

その柔らかな手は、まるで神楽に魔法をかけてくれる。そんな予感がした。

ゆっくりと、でも、しっかりと、神楽の手は、その手に重なった。



ほんの小さなショップの中での出来事。
でも、それは、神楽の中で、忘れられない出来事となる。

「さあ、こちらへどうぞ」





・・・・To Be Continued・・・・・
Category: ★school excursion
Published on: Thu,  01 2013 12:50
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

2 Comments

さっさ  

お久しぶりです!
最近は、たくさん更新があって取ってもうれしいです。
二人がどんどんラブラブになっていくのを見て、一人で喜んだりしています~

2013/08/01 (Thu) 20:55 | REPLY |   
ツンデレ→さっささんへ">

ツンデレ→さっささんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→さっささんへ">

こんにちは^^ こちらこそお久しぶりです♪

ブログ、ご覧くださっているみたいで、すごくうれしいです!!

これからも、がんばって創作していきますので、
足をとめる事がありましたら、また気軽にお声をかけてください☆
修学旅行編、わたしも、ドキドキとしながら創作しています^^

少しずつではありますが、いっぽいっぽと、
進んでいきたいとおもいます ^^

よろしくお願いいたします !
ツンデレよりでした ☆

2013/08/01 (Thu) 22:37 | ツンデレ→さっささんへさん">REPLY |   

Post a comment