Sweet selfishness ~甘い我侭~ act 52

読者の皆様
いつも読んでくださってありがとうございます☆

続きを読まれる方は
ぜひ、コチラからどうぞ

↓↓↓↓↓↓↓↓ 大事な話があるって……言ってたのに……。
思う神楽のほんのすぐ横には、沖田が座っている。
二人してベットにもたれて、肩がくっついちゃって、ドキドキして、胸の音が病まない。

でも、沖田は前を向いたまま、テレビをみて、何も言うそぶりはない。

(一体何だったアルカ?)
さっきから、そればかり考えている神楽の耳には、テレビの音なんて、まったく入ってなく。
でも、なんか聞いちゃいけない気がする。
そう思った神楽は、沖田が切り出した話の続きを、聞きだそうとはしなかった。

(そういえば、こうして部屋で二人きりなんて、本当に久しぶりアル)
神楽と沖田の周りには、気がつけばいつだって、誰かがいる。
それだけ友人に恵まれているんだろうけど、だからこそ、こんな時は気持ちが落ち着かなくなっちゃって……。



「な、何か飲むアルか?」
言った自分が、ほんの十分前、同じ台詞をはき、飲み物を持ってきたのを思い出した。

(だって……なんだか落ち着かないアル)

いつだって、沖田は、自分よりも落ち着いていて、何事にも動じない。
ささいな事で、沖田のしぐさひとつ、ひとつに、よくも悪くもふりまわされるのは、自分……。

神楽の肩に、ふわりと沖田の腕が置かれた。

(わっ……ど、どうしたアル、こいつ)
普段は、なかなか見せない沖田からの甘やかせに、神楽の体は一気に緊張の色をみせた。
自分の小さな背中は、学生の時より成長したはずなのに、それにともなって、沖田はもっと成長を魅せた。
だから彼の腕に、神楽の体は、丁度いいぐらいに落ち着いた。

いつ、からだっただろう。
こんな風に、自然に甘やかせてくれる様になったのは。
喧嘩友達、……からはじまったような関係が、触れると壊れそうな危うさに触れ、甘くも交わったのは。

歳を、重ねるごとに、沖田にたいする気持ちは、あふれてくる。
色んな部分に触れ、それさえも愛おしく思えて。
甘い愛しさもあれば、泣けてくる切なさと言う感情があると知ったのは―――――。


(私には、こいつしか、いないアル)

何度喧嘩したか分からない。そのたび、息ができないほど苦しさを交えた切なさがあると、学んだ。
愛してくれるぶん、愛するという大切さがあると知った。
学校で、学べない事、それを、知らず知らずのうちに、彼は教えてくれた。




「どうしたんでィ?」

ふわりと沖田の声が神楽にかかった。
彼の右手は、そっと神楽の頬に触れる。
やっと、自分が泣いている事に気づいた。

ううん……違う……違う……。

悲しくて泣いてるんじゃない。
これは……これは……。



「神楽」


沖田の言葉は、やわらかく、神楽の耳に響いた。





「目、閉じてみろィ」


目……?
何でかは、分からないけれど、沖田の顔を見たら、閉じなきゃいけない。
そう思った。だから、ゆっくりと、瞼を閉じた。
そしたら、ポロって、涙が下にと落ちた。

一瞬、隣にいた沖田の気配が消えた。なんだか分からないまま、胸をドキドキさせて、じっと、言われた通り、素直に待った。
そしたら、いつもふれてくる、あたたかな沖田の手が、そっと神楽の手にふれた。

(なに……?)
思いながら、胸がドキドキと高鳴った。



(えっ……)
ほんの微かな冷たい感触と同時、左薬指に、沖田の掌が触れ、ピタリとそれが、おさまったのが分かった。
ゆっくり、ドキドキしながら目を開いてみると、左薬指に、小さな指輪があった。

「これ……は……」
なんだか分かる。だって……これは……。


「俺と、結婚してくれませんかィ」


嘘……っ。

こんなタイミングで……。
こんなサプライズって……ないアル……っ。



ふわりと、神楽の腕が、沖田の首に巻きついた。
ぎゅっと、ぎゅうっと、その体を抱きしめた。
「ずっと、ずっと、その言葉を待ってたアル」

「―――――待たせちまって、悪かった」
神楽は、ぶんぶんと、首を振った。

「いい、いいアルっ」
ずっと、待ってた言葉を聞けたから、そんなの全然いいアル――――っ。

いつか、いつか言ってくれるって信じながら、沖田からのその言葉をずっと待ってた。
やっと、聞けた……。

「イエスっ……イエスアル!……ふぅ~~っっ」

色々と、考えたシチュエーションがあったけれど、今、この神楽の顔をみたら、ぜんぶ、うまくいった気がした。

冷蔵庫でキンキンに冷やしてある、ノンアルコールのシャンパンも、神楽が大好きでたまらない、菓子店で予約したホールケーキも、別室に用意して置いた花束も……。
全部、神楽の目の前に用意する予定だったけれど、なによりも沖田の言葉が神楽には嬉しかったようだった。




「だいすきアル! だいだいだいすきアルっ!」

全身で、沖田への気持ちを出した後、また神楽は感動したと、その手を沖田に、しっかりと、絡み付けたのだった。




・・・・To Be Continued・・・・・
Category: ★゚・*:.Sweet selfishness ~甘い我侭~.:*・゚
Published on: Thu,  19 2013 13:47
  • Comment: 4
  • Trackback: 0

4 Comments

なな  

いつもこのシリーズ楽しみにしてます!素敵なお話をありがとうございます。

2013/09/20 (Fri) 11:23 | REPLY |   
ツンデレ→ななさんへ">

ツンデレ→ななさんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→ななさんへ">

ツンデレ→ななさんへ
こんにちは、ななさん。
ツンデレです ^^。

今日は、コメント、本当にありがとうございました。

Sweet selfishness ~甘い我侭~ は、私の物語の中でも、特に長編で、
長いブランクの中、続けている小説でもあって、
今回、コメントを頂き、本当にうれしかったです。

沖田が、神楽に、やっとプロポーズできたこと、
それを、ちゃんと神楽がOKしたこと、創作していて、私もとても嬉しかったです^^。

また、今日みたく、楽しかったと言われるように、
頑張りたいと思いますので、よろしくおねがいします★

また、気軽にお声をかけてくださいね。

嬉しかったです★

2013/09/20 (Fri) 12:18 | ツンデレ→ななさんへさん">REPLY |   

さっさ  

うわあ~!!
思わずメールしちゃいました!
いいなあ、ロマンチック!!
沖神らしいですね~!
これからも待ってます^^!

2013/09/20 (Fri) 18:28 | REPLY |   
ツンデレ→さっささんへ">

ツンデレ→さっささんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→さっささんへ">

こんばんは、さっささん!

読んでくださって、とても嬉しいです^^
やっと、沖田の口から、プロポーズ、でてきました。

私も創作しながら、思わずないてしまいそうに……。

それほど、感情移入してしまうふたりでした。

これからも、頑張りますので、いつでも
お声をかけてください。
そのたび、私は幸せな気持ちに包まれます ^^

2013/09/20 (Fri) 19:48 | ツンデレ→さっささんへさん">REPLY |   

Post a comment