Meeting with a view to marriage その後 後

読者の皆様
いつも読んでくださってありがとうございます☆

続きを読まれる方は
ぜひ、コチラからどうぞ
↓↓↓↓↓↓↓↓ 「――――き」

神楽の口から、微かに聞こえた声は、果たして本物だったのだろうか。

確かに二人の思いは、あの時、あの瞬間、通じたはずだった。

負けん気が強くて、意地っ張りで、女らしくなく、泣き虫で、でも、人に優しくある神楽が、自分の想いに応えてくれた瞬間だった。

なのに、今でも、彼女を手にいれた様な気がしない。
神楽は、普通の女とは違う。
自分の思考を遥かに超える生き方をする女。

なかなか手に入らないからこそ、面白い。そんな風に思っていた自分が、なぜ、いつから、手に入れなければきがすまなくなってしまったのか。
その想いを、貫こうと思ったのか。

神楽の唇に触れたあの瞬間、世界が変わったと本気で思った。
なにげない日常が、一人の女の存在で、こうもかわるもんかと。



あの日、名残惜しくも別れてからすぐ後、隊の一ヶ月の遠征が決まった。
とは言っても、単なる山篭り。
体力作りをしようじゃないかと、近藤の突拍子もない案を通しただけ。

離れるのが、不安な訳じゃなかったけれど、それまでの自分を考えると、どうこうする気にもならなかった。
最初は。

でも、すぐに物足りなさを感じた。
ほんのふとした時、神楽の横顔や、笑った顔、怒った顔が頭に浮かんだ。




だから神楽へ、手紙を出した。
出した瞬間、そうしている自分が信じられなかったが、そんな風に変わった自分を身近に感じ、けっして嫌じゃない事にも気づいた。

しかし、神楽の返事は返ってこなかった。
もっとも、彼女に、そんな知識があるのかも不思議だったので、あまり期待していなかったと言えば、そうだったけれど。





「やっぱり、あんな奴……好きになるんじゃなかったアル」




そんな事を考えながら、なんとなく、あの場所へと足をむけると、聞こえてきた言葉に、一瞬、沖田の足が止まった。



けれど、次の瞬間には、神楽へと、声をかけていた。

「おい」

だが、神楽は、気がついていないらしく、自分の言葉は、あっさりと無視された。

「おい」

二度目の声で、やっと気づいた神楽は、自分の事を見て、さも信じられない、そんな表情をさせた。

やはりと思っていたが、神楽には、手紙が届いていないらしい。表情を見ればすぐに分かった。
なぜ、お前がここに居る? そう問いただしたいと顔に書いてある。

更に言えば、確かに自分達は、一線を越えたはずなのに、気にくわない呼び名に、彼女の口を覆っていた。



だけど次の瞬間、沖田は、信じられない物を見た。



自分の事が恋しいと、恋しかったと、目の前の女が泣いたのだ……。

気がついたら、勝手に体が動いていた。

「バカじゃねえの? お前」

体の中で、ふるえ泣く神楽を抱きしめた瞬間、なぜか勝手に、言葉が出てきた。

チャイナでもなく、クソガキでもなく、彼女の名前を呼んだ瞬間、思いが溢れた。
そしてそれは、神楽も同じだった。

「ほんっと、オメーって馬鹿」

それは自分も同じ。笑えるくらいに、目の前の女が愛おしいと思う自分がいたのだから。

逢いたかった、触れたかった、声を聞きたかった……。

思う事はあまりにもありすぎて……。

一ヶ月ぶりに触れた神楽の唇は、前よりも、もっと、ずっと何倍も――――。





「会いたかったアル、総悟」

恋仲になって、今日初めてよばれた自分の名、認めてしまうのが、しゃくだとか、格好悪いとか、目の前にいる神楽を見て、沖田が思えるはずはなく。柔らかい自分の本音が出てきてしまう。

「俺も」



聞こえた台詞が、信じられなくてか、聞きたくてか、もう一回言って、そう神楽がシャツを引っ張った。
もう一度、いう気にはならなかったけれど、少しでも、思いが神楽に伝わるのならば、らしくなくも彼が思った行動は……。













FIN








Category: Meeting with a view to marriage
Published on: Wed,  13 2013 21:00
  • Comment: 6
  • Trackback: 0

6 Comments

ひー  

わ(〃ω〃)

すっごいキュンキュンしました꒰ ´͈ω`͈꒱
やっぱりツンデレさんの書く沖田と神楽最高です!
これからもがんばってください!

2013/11/17 (Sun) 02:05 | REPLY |   
ツンデレ→ひーちゃんへ">

ツンデレ→ひーちゃんへ  

Re: わ(〃ω〃)

ツンデレ→ひーちゃんへ">

わ==おはようございます ^^


そして、嬉しいです!
読んでくれてありがとうございます♪
前後編、初めから書こうと思ってたんではなく、本当にふと、
続きが頭に浮かんできてしまって^^

本当はもうちょっと、二人の甘さを出そうと思ったんですが、
こんなふうに、少しきゅんきゅんとして終わらすのも、またアリかな?
なんて考えながら創作してました。

楽しんでもらえて、嬉しいです ♪

また、お声を聞かせてくださいね^^
楽しみにまってます ★

2013/11/17 (Sun) 07:36 | ツンデレ→ひーちゃんへさん">REPLY |   

さよ  

素敵でした!

はじめまして。
数年前よりツンデレさんの作品ほぼ読ませていただいてます。
今回勇気出して初コメントです!
とてもきゅんきゅんしました。
こんな恋愛したいなぁとちょっと夢も抱きつつ。
これからも更新楽しみにしてます。

2013/12/08 (Sun) 19:35 | REPLY |   
ツンデレ→さよさんへ">

ツンデレ→さよさんへ  

Re: 素敵でした!

ツンデレ→さよさんへ">

はじめまして、ツンデレです♪
さよさんと、おっしゃるんですね^^。

数年前から、私のブログに来てくれていたと、今回はじめて知り、私はとても嬉しかったです。
今から丁度一年ほど前に、大きな病気をし、十ヶ月の間、入院していました。
その長い間、放置する形となってしまったのに、
今も変わらず、このブログには、さよさんの様に、長い間、訪れてくれている読者様に、包まれています。

その思いは、言葉でも、文字でも、本当に表すことが、出来ない思いなんです。
このブログは、銀魂という、物語の二次の世界にすぎませんが、その中に、そしてブログには、
私の思いと、読者様一人、一人の思いが沢山つまってるからこそ、成り立っているだと、日々思ってやみません。

なかなか思うようにできない時も、事もあり、もがいてばかりですが、
日々の世界の中から、ほんの少し、淡く切ない思いを、これからも届けていきたいです。
また、お声を聞かせてくださいね^^。

勇気、ありがとうございます。

2013/12/08 (Sun) 20:53 | ツンデレ→さよさんへさん">REPLY |   

さっさ  

おひさしぶりです~!!
なかなか勇気が出なくてコメントができなかったのですが、
今回してみました!
やっぱりいつ読んでもツンデレさんのお話はおもしろくって、大好きです♥
神楽がすっごくかわいくて、沖田がすっごくかっこいいいんです。
これからも待ってます!
お願いします!

2013/12/12 (Thu) 17:03 | REPLY |   
ツンデレ→さっささんへ">

ツンデレ→さっささんへ  

Re: タイトルなし

ツンデレ→さっささんへ">

こんばんは~☆ツンデレです♪
おひさしぶりです^^覚えてくださってたんですね!
コメントくださって、本当に嬉しいです♪

もっと、もっと、お気軽に、いつでも声をかけて下さい☆
毎回、凄く楽しみにしてるんですヨ^^

今回の、神楽ちゃんは、もう、私も恥ずかしくなるくらい乙女ちゃんでしたw。でも、創作していて、心臓が、きゅんきゅんとなってたんですよ☆
沖田は、、、、格好いいですよね(笑)
もう、不定期で、いつも、だめだめばかりですが、沖神、そして読者様に、一途ですので、宜しくお願いします☆

2013/12/12 (Thu) 21:34 | ツンデレ→さっささんへさん">REPLY |   

Post a comment