Sweet selfishness ~甘い我侭~ act 55

読者の皆様
いつも読んでくださってありがとうございます☆

続きを読まれる方は
ぜひ、コチラからどうぞ

↓↓↓↓↓↓↓↓ 約束の時間まで、あと十分、左手首にある時計を見下ろしながら、近藤は胸を高鳴らす……。

「話がある」
簡潔に、彼女の携帯にと送ったメッセージの意味を、お妙は、理解しているだろうか……?

彼女である、お妙と出会ったのは、かれこれもう何年前になるだろうか?
異性として、眼中にしてもらえなくて、もらえなくて……。
それでも、めげずに頑張って、告白なんて、何度したか分からない。

蹴られて、殴られるのは、愛の裏返しだと信じて、信じて、でも、それが、彼女に伝わったのは、いつだっただろう。
信じられなくて、何度も聞き返して、うざいと殴られて、でも、嬉しくて。

お妙との待ち合わせの場所に選んだのは、今流行のレストラン。
とは言っても、まだ行った事はなくて、あくまで、彼があこがれていた、一度、二人で入ってみたいな、そんな風に夢見ていた場所。



もういちど、時計に視線を落としてみる。
約束の時間の二分前。

近藤の胸の高鳴りは、とどまる事を、知らなくて。





彼女が約束の時間に送れてくる事は、いつもの事だったけれど、
今ほど緊張していた時は……。



「近藤さん」


柔らかい、お妙の声が、自分を呼んだ気がして、頭を上げて、ふわりと微笑んだ。




と、思ったけれど、彼女の姿はそこにはなくて……。


忙しい、仕事の合間、彼女であるお妙に逢いたくて、何とか仕事は早く終わらせては、こうしてレストランを予約する事もあったのだけれど……。

「今日は……」

来て欲しかった。

今日だけは……、彼女にとっても、大切な日に、なる日だったは……


「何、そのきったない顔」

背中に、かけられた唐突な声と、振り向き、目の前に、現れた姿が、果たして本物だろうかとか、今日の日を、楽しみにしていた彼女が、おめかしを、していたから、こんなに遅れたのか……とか。
思う事は、ありふれたのに、近藤の言葉は、涙で、消されて……。



「ほら、ちゃんと、拭きなさいな」

差し出されたハンカチを、涙でいっぱいに濡らして、彼女の顔を見下ろすと、そこには、ほんの、ごくたまに見せてくれる、お妙の笑顔があった。


「お妙さん」

出した声は、みっともなくも、男泣きにまみれた声。

でも、こんな風に、みっともなくもなれるのは、彼女の前だからこそ。

そんでもって、今日は、そんな彼女に、人生で、一度の大切な話をする日。

後ろポケットには、ほんのさっきまで、読んでいた、マナーブックや、おしゃれな店のパンフレットがぎっしり。



でも、彼には、そんな格好いい真似なんて、できるはずもなく。

みっともなくて、情けないような、でも、きっと、あったかい気持ちで、彼女の心を、掴んだはず。




・・・・To Be Continued・・・・・
Category: ★゚・*:.Sweet selfishness ~甘い我侭~.:*・゚
Published on: Thu,  05 2013 15:16
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment