Day After Tomorrow act 10

読者の皆様
いつも読んでくださってありがとうございます☆

続きを読まれる方は
ぜひ、コチラからどうぞ

※自己責任で、ご覧下さい。( 性的表現アリ)

↓↓↓↓↓↓↓↓
ぎゅっと、抱きしめるその腕の中、神楽は沖田の首筋に、噛み痕をつける。
痛みに、ほんの僅か顔を歪めた沖田は、口を開いた。
「……とんだじゃじゃ馬でさァ テメーは」
沖田は、神楽の首筋へと顔を埋める。おかえしに噛みつかれるかと思ってたけれど、その唇は、甘く吸い付いた。
その甘美な感触に、思わず、漏れたのは、神楽の声。それが恥ずかしかったのか、その体を離そうとする。
視界の悪いこの空間の中。シュルシュルと音がしたと思えば、神楽の両手は、あっと言う間に、沖田のスカーフに縛られていた。
「おまっ……何するアルっ」
抗議する側から、沖田は、二度目になる温かい熱を神楽の首筋に埋める。
まもなく、神楽から、立とうとする力が失われた。

「何度言っても、分からねえ奴は、体に刻みこみまさァ」
留められていた前のボタンは、いつの間にか外されている。かと思えば、沖田の片手は、乳房の上にとあった。
やわらかいふくらみは、沖田の掌の上で、形を変える。抵抗の言葉を吐き出そうとすれば、舌で丸め込まれた。
回された腰の手は、その華奢な体をしっかりと支えている。
くりくりと、弄ばれるその突起に、触れるたび、塞がれた口の上、鼻から、甘い音が漏れた。

「まだまだ、これは序の口でィ」
暗闇の中、怪しく光るのは、緋色の瞳。
塞がれた唇が開放されたと思えば、その舌先は、乳房の先端に、ねっとりと絡みついた。

思わず、神楽の体がしなる。
ふさがれていた唇は、もうだしてもかまわないのかと、その甘い声を漏らし始めた。
沖田の手は、ウエストのくびれを、通ると、太ももへと、スリットをゆっくりと流れるように開きながら、股の間に手を滑らせた。
「ひゃ……ん」
知られてしまう。触れられてしまう。恥ずかしくて、嫌がる神楽の意思を無視すると、沖田の手は、ゆっくりと下着の中へと忍ばされた。まもなく、沖田の指先に触れたのは、まとわりつく愛液。あっという間にそれは沖田の指にねっとりと絡んでしまった。
沖田は神楽の割れ目を、ゆっくりと開く。その中指をくりゅくりゅとこね回した。
「……っあ……あっ」
結ばれた手の平を口に押し付ける。それで快感がおさまるわけでもないけれど、神楽はそれくらいしかする事ができなかった。
「沖田……やめっ……」
懇願しようとすれば、その口は唇でふさがれてしまう。
正気でいられるはずがなかった。口内も犯されて、その膣の中を掻き回されて。
全身で、呼吸するしかない神楽の口が解放されたと思えば、沖田はゆっくりとしゃがみこんだ。
嫌な予感がした神楽は逃げようとするけれど、体が言うことをきかない。沖田は、ゆっくりと神楽の片足を持ち上げ、広げた。スリットの中、もぐりこまされたのは沖田の頭。逃げることも出来ないけれど、そのそぶりだけは見せた。

「ぃや……」
沖田の指先は、神楽の花弁をぱっくりと広げると、その周りを、ゆっくりと舐め取った。
チカチカと頭がその甘く絡みつく感触に耐えられないという。もう立てないと態勢をくずした、神楽の体を支えながら、沖田はその蕾の先端に、ちゅっと吸い付いた。
「おきたっ……いゃっ」
もう言葉になる気がしなかったけれど、このまま、されるがままだと、大変な事になりそうで体がこわばった。
力失くした神楽の体を、沖田の舌は下から、突きさし、なぶっていく。かと思えば、溢れた愛液をじゅっと吸い付く。
初めて体験する、その唇の感触と、執拗な攻めは、神楽を平常心でいらしてくれない。やめて、見ないで。思う心と反対に、神楽の両手は沖田の柔らかい髪の毛をきゅっとつかむ。

沖田の口の周りは、既に神楽の愛液でまみれている。なのに、沖田はその舌さきを動かすことをやめそうにない。

しばらくすると、執拗にも攻められていた、沖田からの舌は、透明の糸を引きながら、ゆっくりと神楽から離れた。
暗闇のなか、静かに、沖田の声が響く。神楽は、半分思考停止。
神楽の体勢が崩れる。けれどそれもきっと沖田には、想定内の事。
カタンと積み重ねられた木々の足場を、背についた。


「……やぁ……っ」
そして、続きは、ここからだとでも言うように、沖田の舌は愛撫を再開させる。
花弁の中、蕾の先端に、吸い付いたと思えば、それと同時に、中指をその中へと沈めた。
神楽の呼吸が荒ぐなか、蕾に吸い付きながら、指を蜜へと絡めされる。尻の方に、たらたらと流れ落ちる愛液と、膣からあふれ出る愛液を舌さきで絡めとり、ちゅぅと吸い付く。
「おきっ……やめぇ」
て欲しいとは、もう言えなかった。すぐそこにまで、絶頂の渦がきていた。
ここまで、やられてしまって、もう神楽の体は、沖田に正直だった。それを誤魔化すことなんてできないところまできていた。くらがりの中、神楽の口からだされる声と、わざと沖田から出される卑猥な音が響きわたる。
神楽はその高波に乗ろうと体を震わせた。

すると、急に、沖田からの愛撫が止んだ。
体が沖田の愛撫を欲しがる。開かれた秘所が、ひくひくとうずく。今すぐに欲しいと。
けれど、沖田は唇を拭った。
「ちゃんと、言わなきゃ分かりやせんぜ」
ここまで、しておいて、どんな台詞を吐いたのかと、その顔を疑う。
そんな事、死んだっていうもんか。恥ずかしすぎて、口が開かない。なのに、沖田の指は催促するように、神楽の割れ目をなぞった。ぞくりと全身が総毛だった。
もっと、触れて欲しい、でも、そんな事いえない。
神楽は、ぶんぶんと首を振った。
意地悪な沖田は、ゆっくりと、神楽の割れ目に顔を近づける。そこに息を吹きつけた。
そして、ほんのすこし、その愛液を舌先にすくった。ぴちゃっと音がした。

もう頭は完全にショートしていた。
「……っと」
恥ずかしくて、死んでしまう。
「まったく、聞こえねえ」
「もっと……」
自分でも、何を口にだしているんだと、疑えた。
「ひゃっ…・・・っ」
沖田の舌先は、遊ばしながら、何をしてほしいんだと問う
沖田の頭は、その場所から、離れようとする、すると、結ばれた神楽の両手は、沖田の頭を、離れないでと捕まえた。
「お願い……」
もう、半分、恥ずかしさなんて飛んでしまっている
「何処でィ……」
言いながら、沖田は神楽の割れ目に舌先を触れさせた。
トロリと愛液が垂れるのが分かる、それに、沖田の唾液が混じり合わさるのも。
開いた花弁が、もっとと催促するように、沖田の目の前で、ヒクヒクと動く。
僅かに、照らされる街灯の光が、透明の色に、つやをだす。

「そこっ……」
まさか、下なんか見れない。沖田の顔なんてもっと見れない。
でも、だからこそ、神楽の口は沖田の言葉に、忠実になっていく。
「ここですかィ?」
沖田が、楽しんでいるのは分かる。でもだからって、抗えない。どうしてこんな事、そう思ってもぜったい答えなんてくれない。
あと、ほんの数ミリなのに、触れてくれないもどかしさが、神楽を追い詰めていく。

触れて欲しい、あと、ほんの数ミリなのに、思う神楽は、沖田の頭をその秘所へと、くっつけた。生暖かい唇が、愛液に触れる。ぞくぞくと背筋が、震えた。
「そこっ……」
もう十分だ。思うのに、沖田の攻めはやまない。悪いのは、沖田だ。さっきから、思うのに、なぜか、自分の方が間違っているかのように思えてくる。
「どうして欲しいんでィ」
沖田が、話すたびに、熱い息がそこにかかる。もう、嫌だ、そこまで言わすなんて、ついていけない。けれど、何よりも神楽の存在がそうさせている事に本人は、気づいてなどいるはずもなく。
「……めて……」
沖田の唇は、ちゃんと言うまで、触れない。そう指先を割れ目になどらす。
「舐め…・・・て、ほしいアル……沖田に舐められ……ぁ……っ」
神楽の体が、多きく仰け反った。
沖田の指は、ぱっくりと神楽の割れ目を広げたと思えば、強くその蕾に吸い付いたのだ。
一気に神楽の快楽は上へと上り詰める。

こんな沖田知らない。おもう自分と、止めて欲しくない、もっと攻め立ててほしい。この愛撫をやめないでと体が欲しがる。

いつも沖田の中で果てていたけれど、こんな風に二ヶ所も攻め立てられて、神楽の快感は絶頂に達しようとしていた。
「イキたいですかィ」


「……たい」
「聞こえねえなァ」

あとで、絶対殺す……思うけれど、もう神楽は正直でいるしかなかった。

「……イキたいっ……っ」
もうこの愛撫から、逃げられない。
すぐそこに、上るつめることができるのに、もしかしたら、意地悪な沖田はまた離れてしまうかもしれない。神楽は沖田の頭を抱えると、その秘所にと押さえつけた。沖田の唇は、神楽の花弁に、きゅぅっと吸い付いた。その二本の指を、最大限に広げ、舌の先っぽをこねくり回す。まだイッてさえないのに、神楽の体は激しくその快感に、打ち震える。

今、沖田の考えている事がわかる。きっと、あきれているはず。こんなにもみっともなくなって、こんなにも自分の欲をさらしてしまって。でも、止めることはもう出来なかった。
体が沖田の舌からの快感を欲しがる。それも、もっともっとと。




神楽の快楽が、張り詰めた乳房とその先端を震わせる。
折り曲げられた足を、広げられ、ぱっくりと割れ目は広がり、愛液を垂れ流す。吸い付く沖田の愛撫が気持ちよすぎて、神楽の手は、沖田の頭から離れない。くしゃりと掴んだ髪の毛が、神楽の手からさらさらと流れおちる。
それをまた、くしゃりと掴む。長く綺麗な足は、その絶頂をマジかに、震えた。

膣の中を長い、中指がいききしながら、じゅっじゅっと、愛液を撒き散らす。その上で、蕾を唇に含み、先端を吸い尽くす。
かと思えば、溢れる愛液を、膣から、からめとる。

そして、沖田は神楽のぷっくりとした花弁の中央にある小さな突起を、カリっと甘ガミした。
神楽に、電流が全身に走る。

「あっ……いっ…い……くっ……あぁぁ……っっ」
全身が仰け反ったと思えば、痙攣したように、体を神楽は震わした。
膣からは、ぴゅっ、ぴゅっと、潮がふきでる。
もう神楽は、そんな感覚さえ持つことが出来ずに、意識を落とした。







気がつくと、そこは、月明かりの中。
その温かい感触は、すぐに、沖田におぶわれているんだと気づかせた。
自分は、何がしたかったのだろう。その問いはまだでていない。そして、沖田が何を思っているのかも。


「ね……。どうして浮気なんかしたアル」

まだ、神楽の中では、夢見心地の世界の中。
でも、もし、沖田が認めてしまっても、今なら、許せる気がした。
ただ、怒るんじゃなくて、泣くんじゃなくて、自分でも分からないけれど、悪いところがあったんだ。
そして、そのない物をもっている、あの娘に惹かれてしまったのだろうと。

多分、神楽はまだ、夢見心地。
沖田の肩に顔を寝かせる神楽から、その肩へと、濡れた涙の後が残る。







「っとに、馬神楽でさァ」

・・・・To Be Continued・・・・・





Category: Day After Tomorrow
Published on: Sun,  14 2014 08:17
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment